パナゲ×midのいつものカフェ。

パスタを作ったり、ラテアート作ったり、ワインを飲みながら勉強したり、くだらない事を書いたり、、、"隙間時間で楽しめるカフェ"を目指して"ノリと勢い"で更新中。

【スポンサーリンク】

『パナゲぺペロンのすゝめ』〜応用編・トマトのうまみを知る〜

皆さん!

 

ぺぺってますか!?

 

どーも、パナゲ×midです。

 

さてさて、

以前にUPした、、、

 

『パナゲぺペロンのすゝめ』〜前後編〜

 

www.panage-mid.com

www.panage-mid.com

 

その中で『具なしペペロンチーノ』たるものを作りました。

 

、、、が!

 

今回は、、、

 

少しレベルUPして、そこに

 

"フレッシュトマト"

 

を加えた

 

フレッシュトマトのペペロンチーノ(フレッシュトマトのオイルパスタ』

 

作っていきたいと思います!

 

もちろん、、、

 

他の食材やコンソメ、出汁などは一切使いません!

 

コレを"上手く"作れると"トマトの旨味"をしっかりと味わう事ができ、

以後、他の食材やトマトソースなどを合わせてパスタを作った時に、各食材の味をしっかりと、、、

 

感じられる!

活かせられる!

 

ようになる!

 

、、、"かも"

 

しれません(笑)

 

基本的な経験値を積める事は間違いなし!

 

『具なしペペロンチーノ』

 

の工程に少し手を加えるだけなので、是非チェックしてみてくださぃ!

 

今回は少し細かく時間も載せてみました!

参考までに!

 

、、、

 

でわ、いってみましょー!

 

*********

 

まず、用意するものはコチラ!

 

f:id:panage-mid:20201202233248j:image

 

・乾麺パスタ 100g

・ニンニクオイル 適量

・鷹の爪 1本

・トマト中 半カット

 

ニンニクオイルがない方は、水の鍋に火をかけている間にニンニクを刻んで準備しておきましょー!

 

今回は、以前の記事で作った

 

『黄金のニンニクオイル』

 

www.panage-mid.com

  

を使うので、沸いている鍋にパスタを入れる所からスタート!

 

NICE時短♪

 

標準ゆで時間が"9分"なので、、、

 

少し"アルデンテ"の"8分"で仕上げていきまーす!

  

【08:00】(残タイマー)

 

パスタを沸騰している鍋にin!

start!

 

まずは、お馴染み"アーリオオーリオ"

 

"黄金ニンニクオイル"をどんっ!

 

f:id:panage-mid:20201203004127j:image

 

追いオリーブで少しのばして、、、


f:id:panage-mid:20201203004131j:image

 

鷹の爪をin!


f:id:panage-mid:20201203004134j:image

 

【07:30】

 

弱火の中の弱火で、火にかけていきまーす!

 

途中途中、鍋を軽く揺すってニンニクを攪拌させながら放置プレイ、、、

※ニンニクが焦げそうだったら火を止めてもOK!"焦がさない"のがポイントです!

 

f:id:panage-mid:20201203010929j:image

 

その間に、トマトを一口サイズにカットしておきましょー!

(ほぼ無くなるので、そこまで大きさは気にしなくてもOK)

 

f:id:panage-mid:20201203005955j:image

 

時間は飛んで、、、

 

【02:30】

 

f:id:panage-mid:20201203010029j:image

 

ニンニク成分がオイルにしっかり溶け込みましたかねー!

香りしてますかー?

 

そしたら"30秒"くらいかけて、お鍋全体に香りを移していきましょー!


f:id:panage-mid:20201203010023j:image

 

そして、、、

 

【02:00】

 

カットしたトマトをいれて、弱火〜中火くらいで軽く炒めていきます!

 

まぁ、、、

 

"炒める"

 

というよりはオイルに

 

"絡ませる、馴染ませる"

 

イメージかな。


f:id:panage-mid:20201203010034j:image

 

大体"1分"くらい炒めていきます。

 

ここでもニンニクが焦げそうだったり、香ばしい香りがしてたら、火力を弱めたり、消したりしましょう!

 

f:id:panage-mid:20201203011441j:image

 

しんなりしてくるくらいでOK!


f:id:panage-mid:20201203011435j:image

 

【01:00】

 

茹で汁を投入!


f:id:panage-mid:20201203011523j:image

 

お鍋をクルクル揺すって、"茹で汁とオイル"の乳化作業をしましょー!


f:id:panage-mid:20201203011448j:image

 

ここいらで"トマトの旨味"が、しっかりとソースに溶けだしていきます!

 

【00:00】

 

茹で上がったパスタをソースにin!


f:id:panage-mid:20201203011504j:image

 

中火〜強火にして、しっかりと

 

鍋を煽って、

揺すって、

絡ませて、

 

"パスタとソース"

 

を、乳化させていきます!

 

ここで、麺に"香りと味"が移っていきます!

 

大体【-00:20】くらい

 

f:id:panage-mid:20201203011428j:image

 

パスタにテカリがでて、鍋の蓋につくソースが白っぽくなっていたら"乳化"のサイン!

 

味見をして、お好みで塩胡椒の味調整!

 

【-00:40】

 

あとは盛り付けて、、、完成!

 

f:id:panage-mid:20201203012600j:image

 

湯気がいい感じの写真❤️

ヨダレがでます❤️

 

そして、、、

 

【-01:00】

 

食卓にどんっ!

 

f:id:panage-mid:20201203012810j:image

 

ここまでが一連の流れです!

 

茹で始めてから、テーブルに置くまでを

 

パスタの"標準茹で時間"ピッタリくらいで、作れれば、、、文句なしですねー!

 

(テーブルにパスタを置いた時点では、キッチンはグチャグチャですw)

 

しっかりと作れていれば、、、

 

"麺"

 

に、、、

 

ニンニクの香り

トマトの旨味

 

が、ギュッ❤️と詰まったパスタができあがります!

 

、、、あぁ。

 

、、、うまぁ。

 

*********

 

、、、はぃ!

いかがだったでしょうか?

  

これはお好み話ですが、、、

 

トマトの食感を残したい場合は

カットトマトを半分に分けて、

半分を麺をソースに入れるタイミングに、一緒に入れて炒める、、、

 

というようにすれば、トマトの果実部分が残って"トマトそのもの"も楽しめます!

 

、、、

 

パスタと相性抜群の"トマト"

  

あなたはその"トマト"の実力を、まだ使い切れてないかもしれません!

 

是非作って、試してみてくださーぃ!

 

、、、はぃ!

 

最後まで読んでいただき、、、

ありがとうございます!

 

・美味しそーーー!

・ペペロンチーノ、、、奥がふけぇ。

・私は乳化こうやっています!

 

などなど、少しでも印象に残ったら、、、

 

・読者登録&スター☆

・B!ブックマーク&コメント

・料理&ラテのリクエスト

・SNSのフォロー&いいね!

 ブログランキング・にほんブログ村へ

・にほんブログ村

 

よろしくお願いしまっす!

 

でわっ!

【スポンサーリンク】