パナゲ×midのいつものヤツ。

ぶどう汁(ワイン)、パナゲcooking(料理)、ラテアート、いつものヤツ(雑記)「でたぁ!まぁ~た、パナゲのいつものヤツがはじまったよ、、、、」と、言わんばかりの"ノリと勢い"で更新中。

【スポンサーリンク】

そもそも”ソムリエ試験"ってなにやるの?【パナリエに俺はなる!(仮).1】

どーも、パナゲ×midです。

 

さてさて、、、

 

前回は、、、

 

www.panage-mid.com

 

 ソムリエ目指すぜ❤️

  

なんて記事をupしましたが、、、

今回は、、、

 

『そもそも"ソムリエ試験"ってなにをやっている?』

 

そんな話をしていこうと思います。

 

、、、

 

さっそくいってみましょー!

 

、、、

 

ソムリエ試験は、、、

 

『3次試験』

 

まであるんです!

1つずつ通過しないと、3次試験までいけません。

 

こんな感じで試験がすすんでいきます!↓↓↓

 

・1次試験ー筆記

マークシート形式で、全国のテスト会場で一定期間の間に受ける事ができます。

 

*********

 

フランスやイタリアなどの旧世界

日本やアメリカなどの新世界

ワインの醸造

ワインの歴史

各国の郷土料理、チーズ

日本酒やビール、カクテルなどの"ワイン以外"のアルコール知識

などなど、、、

 

*********

 

他にもまだまだありますが、ザックリだとこんな感じ。

上記の2つがとにかく覚える事が多く、、、

例えば、、、

 

*********

 

日本、東京、港区という地域の中にある

芝公園という畑では、

〇〇というぶどう品種などが作られていて、

国やその地域の規則にのっとり、ワイン作りをすると、〇〇というワインが名乗れる(作れる)。

 

他にも、港区という地域には大小様々な公園(畑)があります。

そして、この地域は23地域に分かれています。

 

*********

 

といった感じで、1つの国だけでも覚える事が山ほど(涙)

もちろん、ワイン以外の知識も求められます。

 

A4サイズの辞典ぐらいの分厚さの教科書から出題されますねー。

 

・2次試験ーテイスティング

赤、白ワインが3〜4種類

その他お酒が1〜2種類

が、グラスに注がれて、

 

『何か当てましょー!』

 

って試験です。

 

ワインだと、、、

国、地方、ぶどう品種、年代、見た目、味わいなどなど、テイスティングノートにチェックをしていく形ですねー。

 

勉強がしっかり頭に入っていると、、、

 

*********

 

この色合い、この香り、この味わい、この風味の特徴は、、、〇〇という"ぶどう品種"だ!

その中でも、少し果実味が強いから、暖かめの国の〇〇かな?

この国では、♢♢という地域でしか〇〇を栽培していないから、、、

このワインは××だ!

 

*********

 

的な感じで分かる!、、、かな?(笑)

 

ただ、2次試験は採点基準が公表されてなく、

メイン解答であろう

 

『国とぶどう品種』

 

が、正解してても不合格だった。

なんて話もよく聞きます。逆もしかり。

 

この後に論述ですねー

 

これは何やるか知らないっす(笑)

 

・3次試験ーサービス実技

 

お客様に注文を貰って、道具を用意し、抜栓をして、グラスに注いで、撤収するまで。

 

レストランで、ソムリエさんが実際にやっている動きですねー。

レアパターンの動きも含めています。

 

、、、

 

試験内容は大体こんな感じ。

 

コレらを全て合格して、やっと

 

『ソムリエ』

 

と、名乗れるようになるんですねー。

 

合格者すると、金色のブドウのバッチが貰えます。

ソムリエさんは付けているので、レストランなどに行く機会があればチェックしてみてください!

 

ちなみに、パナゲはいつも"1次試験"で敗退しています(笑)

 

来年は、、、頑張ろう!

 

、、、はぃ!

 

最後まで見ていただきありがとうございます!

 

・そんな試験なんだーへぇー

・パナゲがんばれ!

・私も受けようかなー?

 

ってな方々は、、、

 

・読者登録&スター☆

・B!ブックマーク

・コメント&ラテリクエスト

・SNSのフォロー&いいね!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

ワンポチお願いしまっす!

 

でわっ!

【スポンサーリンク】