パナゲ×midのいつものヤツ。

ぶどう汁(ワイン)、パナゲcooking(料理)、ラテアート、いつものヤツ(雑記)「でたぁ!まぁ~た、パナゲのいつものヤツがはじまったよ、、、、」と、言わんばかりの"ノリと勢い"で更新中。

【スポンサーリンク】

【ノムリエstudy.8】ワイン選びに困ったら・その③【イタリアの格付け】

イタリアワインのボトルに

 

『DOCG』

『DOC』

 

と書いた帯がついているのを見たことがありますかー?

 

実はこの帯、、、

 

イタリアワインの"格付け"がわかるようになっている帯なんです!

 

はい!

どーも、パナゲ×midです。

 

以前の記事で紹介した

 

『モスカート・ダスティ』

 

にも、ついてましたねー

 

f:id:panage-mid:20200625222430j:image

 

意味としては、、、

 

DOCG

保証付原産地統制名称ワイン

DOC

原産地統制名称ワイン

 

うん、謎(笑)

 

ザックリ説明すると

 

とある地域で、とある規定をクリアして作られたワイン→DOC

 

それよりもさらに、

限られた地域で、さらに厳しい規定をクリアして作られたワイン→DOCG

 

って感じですかね。

 

特定地域で特定の規定をクリアして作られた

ワインは、その地域特有

 

『DOP(DOCGとDOCをまとめた総称)』

 

を、名乗れます。

 

IGPやテーブルワインなど、細かい格付けは他にもまだあるんですが、

帯がついてるのは、この"DOP"の2つ。

 

ただ、、、

 

この帯が付いていているからといって、確実

 

"当たりワイン"

 

というわけではないですが、

その土地の一定の規定はクリアしているので、

 

"はずれが少ない"

 

ワインでもあります。

 

あ、

 

逆にこの帯が"ついていない"から美味しくないというわけではないので、あしからず。

 

 

イタリア以外でも格付けは存在しています!

(フランスの格付けがベース)

 

、、、が、

 

大体はエチケット(ラベル)みて判断をしなければいけないので、もう少し知識がないといけません。

 

それに比べて帯をつけてくれている"イタリアワイン"は見分けが付きやすいのでいいですねー!

 

なので、もしイタリアワインを選ぶ機会があったら、この帯を参考にしてみてください!

 

、、、はい。

 

最後までスクロールありがとうございました!

今回はウンチク回になりましたが、少しでも勉強になったよー!って方がいたら

 

・読者登録&スター☆

・B!ブックマーク

・SNSのフォロー&いいね!

・にほんブログ村

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村

パナゲ×midのいつものヤツ。 - にほんブログ村

 

よろしくお願いしまーす!

 

でわっ!

【スポンサーリンク】